読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわ坊の弾丸旅行記

40代の普通の会社員、いわ坊が年休が取れない状況でも、土日・祝日を利用しての弾丸旅行を紹介するブログ

15,000マイル日本縦断 ルート変更

今日は、ANAから「ご予約便についての重要なご案内」というメールが来ました。

4月にソウル(仁川)を経由する形で、宮古島〜稚内の日本縦断旅行を計画していたのですが、機材変更のためか、途中の便の到着時刻に変更が生じ、先へ進むことが困難な便へとなってしまったのです。

当初案

 1日目 羽田→那覇→(宮古→那覇)→福岡→ソウル(仁川)
 2日目 ソウル(仁川)→大阪(関西)→(札幌(新千歳)→稚内)→札幌(新千歳)→羽田
これが、那覇→福岡便 大阪(関西)→札幌(新千歳)便にダイヤ変更が生じてしまい、国際線→国内線乗継に必要な1時間30分を割ってしまったのです。

そこで、プラチナサービスデスクにお電話しました。とりあえず、勝手に便を前倒しされた、那覇→福岡便を1便後倒しにして貰いました。次に大阪(関西)→札幌(新千歳)便、これが問題でした。国際線から国内線に乗り継ぐには時間が足りない状況でした。


そこで、こちらから経由地の変更を提案させていただきました。
大阪(関西)としていますが、ソウル(仁川)→中部(セントレア)にして貰えませんでしょうか?セントレア→札幌(新千歳)だと、乗り継ぎの許容範囲で新千歳、その次の稚内空港への便に間に合います。

そこで変更後の旅程
 1日目 羽田→那覇→(宮古→那覇)→福岡→ソウル(仁川)

 2日目 ソウル(仁川)→中部→(札幌(新千歳)→稚内)→札幌(新千歳)→羽田

  ※(宮古→那覇)(札幌(新千歳)→稚内)の往復航空券は別途「旅割」購入

普段なら、特典航空券発券後の経由地の変更は無理なのですが、今回の場合、航空会社都合によるダイヤ変更。ということで、経由地の変更をして貰いました。

関西空港のANAラウンジは使用したことがありますが、中部空港セントレアを使用するのは初めての経験です。どのようなラウンジか楽しみです。

しかも、沖縄滞在時間が図らずも増えてしまったので、宮古島で伊良部大橋を渡るという目的を果たすか、もしくは、那覇空港から少し離れた行ったことのない「美ら海水族館に行ってみる。」ということも、高速バスを使えば、出来なくもありません。とりあえず、ジンベエザメ見たら目的達成です。

まだ、少し時間があるので、少々悩んでみようかと思います。

ANAモデルプレーン 在庫セール

物欲

とあるSNSで、羽田空港第2ターミナルにあるANAの売店で、「(一部の)飛行機模型(モデルプレーン)が格安で販売されている」「売切間近」という話を聞き、寝ていた1歳の息子をチャイルドシートに乗せ、高速を飛ばし、羽田空港までやってきました。
f:id:iwa92:20170114225130j:plain

格安販売していたのは、羽田空港第2ターミナルの1階到着ロビーにあるANA FESTA。「在庫限り、売切間近」という話を聞いていたので、開店時間の8:30に合わせてお店の前にいました。この日は強い寒波が来ている日でしたので、空港のアナウンスは「〜便は欠航となりました」との、修行僧としては、あまり聞きたくないアナウンスが多く流れていましたね・・・。

さて、格安販売されていたのは、主に、ANAの「ゆめジェット」と呼ばれていたB767と、もう今は飛んでいないYS−11のモデルプレーンの1/200サイズのモデル。200分の1のモデルプレーンを普通に新品で買うと、1万5000円は超える値段がしますが、今回のセールはなぜか3,240円(税込み)で販売されていました。

f:id:iwa92:20170114230128j:plainただし、写真にもあるように「なくなり次第終了」とあるので、商品入れ替えのための在庫一掃セールかと思われます。

もう一つ購入したのが、

f:id:iwa92:20170114230400j:plain
もう現役ではなくなってしまった戦後日本の独自開発の国産旅客機YS−11。私が初めて飛行機に乗ったのは、小学校6年生の時の大分行きのYS−11でした。こちらも新品価格は1万円を超えるかと思いますが、なぜか2,160円(税込み)で販売されていました。

羽田に着くまでは「売り切れ間近」との話だったので、急いで買わないと。と思っていたのですが、レジの横を見ると「ゆめジェット」の在庫が山積みになっておかれていました・・・。

f:id:iwa92:20170114230827j:plain
う〜ん、全然「売り切れ間近」では無いような気がしました・・・

値札価格でも十分に安いのですが、売っているのがANA FESTA。ANAカードを提示すれば、そこからさらに1割引で購入できました。結局B767とYS−11を購入しても4,800円ほどで購入できました。

yahooショッピングで販売価格をチェックしてみましたが、2機で3万近くするようです。良い買い物が出来ました。

山積みになっていた在庫ですが、今日で何個かは販売されて居るかと思いますので、購入に前向きの人は、なるべく早めに「到着ロビーギフトショップ」での購入をお勧めします。他にも500分の1サイズの最新機器のモデルプレーンも格安販売がされていました。

15,000マイルで弾丸日本一周

弾丸旅行計画

国際線 特典航空券には、「日本国内で往路・復路各2回まで乗り換え可能です。」と規約があるので、韓国を経由する形で、4月に1泊2日日本一周を予約しました。
 ・東京(羽田) → 沖縄(那覇)
 ・沖縄(那覇) → 福岡
 ・福岡   → ソウル(仁川)
 ・ソウル(仁川) → 大阪(関西)
 ・大阪(関西)  → 札幌(新千歳)
 ・札幌(新千歳) → 東京(羽田)

これだけ乗っても必要マイルは15,000マイルです。(別途、諸税で3,950円の出費です)

また、通常航空券の予約は搭乗の2ヶ月前からという設定なのですが、国際線に関しては搭乗の355日前からとなっていて、それに伴う、国内線の予約も355日前から予約が可能です。

那覇滞在時間中に石垣タッチの航空券を取って、八重山そばを食べてくるのも可能です。羽田への帰路便を遅らせれば、稚内タッチも可能ではないでしょうか?1月24日(火)から発売の「旅割」で宮古と稚内の往復もこれに付けたいと思います。ほぼ、最北端の空港と最南端の空港を縦断することになります。

「なにが面白いんだろう?」という声が聞こえてきそうな修行みたいなルートですが、修行と違って、特典航空券利用だとプレミアムポイントは付きません…。2017年はプレミアムポイント狙いの飛行機ではなく、貯めたマイルを使って楽しむ旅をしていきたいと思います。飛行機好きには少ない出費で日本を楽しめるルートです。韓国滞在はおまけです。

今回の弾丸旅行のテーマは
 ① 空港各地のラーメンを制覇する。
 ② 宮古島でレンタカーを借り、伊良部大橋を渡ってみる。
 ③ 日本最北端の稚内空港制覇

これにも嫁の外出承諾が必要ですので、実現できるかどうか分かりません。まだ、航空券を予約したことは、嫁には言っていません。

ただ、上記の旅程を予約したのですが、通常の国内線の予約と違い、2次元バーコードの搭乗券は出力されていません。国際線は24時間前に搭乗券が出力されるので、それに合わせているとおもうのですが、通常の国内線の搭乗手続きと勝手が違うので、疑問に思っていることが多く残っていますが、これから、どのような手続きで飛行機に乗り継ぎしていくのか、4月の弾丸日本一周でレポートしたいと思います。

新形式 TOEIC 初めて受けた結果

ガジェット 弾丸旅行計画

昨年10月に特典航空券でD.C.&NYに行ってきた時、英語は最低限しか喋ってません。聞く方も何度も聞き返したり、分かったふりして、実はほとんど分かっていなかったり・・・。ニューヨークへの特急電車待ちしている時に、いきなり隣の人に話しかけられた時には、100%分かりませんでした・・・。(結局「いつゲートは開くの?」と聞かれていただけでしたが)

大昔、会社で受けさせらたTOEIC(IP)で800点取ったので、ある程度満足してしまい、英語の勉強がおろそかになってしましました・・・。(800点のスコアシート紛失・・・) 

しかし、アメリカ旅行での英語力の劣化はある程度ショックでした。
「また、英語勉強しなきゃ!」Amazonで参考書は買ったものの、そのままお蔵入りになっている本がたくさん溜まって、本棚の一角はTOEIC参考書ベストセラーコーナーとなってしまっています。

そんな折、今年の会社の年度目標で「外国語対応能力のスキルアップ」とか書いてしまったし、TOEICの試験形式も変わったと風の噂で聞いたので、試しに12月11日に開催された216回 TOEIC公開テストを受けてみました。

リスニングの写真対応問題は回答に確信があったのですが、会話問題は何となくで回答。PART 6の空所補充問題は初めての回答。これも確信なく回答。PART 7の長文問題は、何度も読み返し回答した問題もあり、結局最後の2問は時間が足りずに「塗り絵」で回答することになってしましました。

その結果が今日帰ってきました・・・

f:id:iwa92:20170111221534j:plain

715点。過去より悪くなってますが、前回受けたのがもう10年くらい前。
そこから、特段TOEIC用の勉強はしていませんでしたが700点台を維持できていたのである程度、納得の結果です。readingよりlisteningの方が点数高いのは昔からの傾向です・・・。

子供ができて、その対応で自己啓発時間が少なくなっているのは事実ですが、それを言い訳にしてはいけません。来年はフランスにも行くし、多少は英語力(フランス語もね)をUPさせなくては・・・。

※ TOEIC, TOEIC Bridge and TOEIC BRIDGE are registered trademarks of Educational Testing Service in the United States, Japan and other countries and used under license.

GO PRO HERO 5 買いました

物欲 ガジェット

弾丸旅行中の行動を動画で旅行記録を付けようと思い、前から、ずっと購入を考えていた”GO PRO HERO 5”をポチッとしてしまいました。(12月給料には年末調整で税金が戻ってくるので、それ目当てです・・・)

f:id:iwa92:20161218095452j:plain

昨年10月のアメリカ旅行では、一眼レフを持ち歩いて撮影していたのですが、一眼レフだけで荷物の3分の1を占めてしまい効率が良くない・・・。写真だけでなく、動画でも残した方が記録&記憶が伝わるのではないか?と考え、アクションカムを買おうかと思案していました。

今年は1月に石垣島、2月に東京マラソン、4月に弾丸日本縦断(稚内宮古)、7月にフランス旅行とちょこちょことイベントが控えていますしね。

やはり、アクションカムの代名詞ともいえるGO PROか、SONYなどの対抗とどちらにしようか悩んだりしましたが、アクセサリーの選択肢の多さと本体のスタイルの良さでGO PROに軍配が上がりました。

f:id:iwa92:20161218102434j:plain

本体はこんなものです。もう少し軽いものを想像していましたが、実際はそれほどでもなく、ずっしりとしています。本体単体を手持ちでも撮れない訳ではありませんが、手がふさがってしまいます。手がふさがってしまっては、アクションカムの意味も薄くなってしまうので、マウント(GO PRO本体を固定する金具)も購入しました。

サクションカップ。GO PRO本体を吸盤で固定するマウントです。レンタカーのガラスにくっつけたり、電車や飛行機の窓にくっつけたりして風景を撮影する予定。あとは、片手はふさがってしまいそうですが、引いたアングルで撮影できそうなので、ベルボンの自撮り棒も購入しました。

最近は、日本でも自撮り棒は禁止されている場所も結構多いので、他の人に迷惑にならないように気をつけなければならないですね。

ちなみにGO PRO HERO 5 バッテリーの持ちがそれほど長くないようで、だいたい1時間弱が目安だそうです。なので、予備のバッテリーとバッテリーチャージャーもTポイントが確定したら購入します。

モン・サン・ミシェルの日没シーンをタイムラプスで撮影できるよう、今からGO PROの撮影テクニックについて練習しておきます。

来年(2017年)は、youtuberではないですが、ブログだけでなく動画でも発信することが目標です。macにfinal cut PRO Xをインストールしているんですが、宝の持ち腐れとなっていますし・・・。

世界一周特典航空券

弾丸旅行計画

ニューヨークに行った人がミュンヘン乗継便で日本に戻ってきたという話を聞き、世界一周達成やん。と思ったことから「世界一周って出来るんかな?」という疑問が沸いてきました。

試しに、ANAの特典航空券予約画面から「複数都市」を選択して、東京〜ニューヨーク〜ロンドン〜東京という東回りでの世界一周が出来るかどうか試してみました。
すると・・・「ご指定の旅程はご利用いただけません。フライト条件を指定し直してください」
という画面が出てきて、予約が出来ませんでした。


ANAマイレージクラブの特典航空券の使用条件を見てみます。

ニューヨーク(エリア1)とロンドン(エリア2)は、エリアが異なるから、特典航空券の使用条件に合わず、世界一周は出来ないのかな・・・と思っていたところ、
ご利用条件(提携航空会社特典航空券)のページに小さく「世界一周」の定義が書いてあるじゃ有りませんか。

「ANAホームページでは予約になれません」と書いてあります。どおりで、特典航空券の予約ページでは予約が出来ないわけです。しかし、条件の中に「出発国に戻る最後の国際線搭乗は、最初の国際線搭乗から10日目以降」とあります・・・。ということは、最低でも10日間は会社を休んでください。ということを言ってるの?
そんなの無理。来年のゴールデンウィークだって、5月3日から5月7日の5日間しか祝日が無いじゃないですか・・・。まぁ、世界一周するんなら、10日間ぐらい必要でしょうということなんでしょうけど。

しかし、こういう行程を組んだらどうでしょう?「東京〜韓国〜東京〜韓国〜欧州〜米国〜東京」4月中に東京から韓国まで行って、別に「韓国〜東京〜韓国」の航空券を購入して東京に日帰りで戻ってくる。そして、5月3日に韓国へまた行って「韓国〜欧州〜米国〜東京」のルートを再開する。
一応、ルール違反では無いようです。

ただ、世界一周特典航空券に必要なマイル数、相当なもんだろうなぁと思いきや、


う〜ん、全旅程の距離しか書かれておらずに、具体的なマイル数が分からないのですが、たとえば「東京〜韓国〜ミュンヘン〜ロンドン〜サンフランシスコ〜東京」というルートを組んでみます。

全距離数はスターアライアンスのホームページで検索が可能です。

すると、上記行程だと総距離17,117マイル。世界一周特典航空券にはビジネスクラスだと105,000マイルが必要になります。別途、サーチャージやら諸税が必要になってくるでしょうが、100,000マイルであれば、無理ゲーでは無いようです。むしろ、単発でビジネスクラスで旅行するより低く抑えられるのでは無いでしょうか?

世界一周弾丸旅行。興味がわいてきましたが、うちの場合、嫁が何というか?それが一番の問題です。
 私「ちょっと世界一周してくる」
 嫁「いくらお金掛かるの?子供と私置いて楽しんでくる気?」
夫婦喧嘩になることは容易に想像できますね・・・

【D.C.& NY旅行記⑥(完)】JFKのANAカウンターは閑散と…

アメリカ

タクシーを使わずにマンハッタンから地下鉄+エアトレインを使って、なんとかJFKのターミナル7に到着しました。地下鉄の所要時間が曖昧というのもあって、結構早めにJFK空港につきました。3時間前かな?

英語もあまり出来ないし、チップの感覚もよく分からないのでレストランなんか気軽に入ることも出来ないわ、雨降ってるし、早めに保安検査受けて、航空会社のラウンジに行って、なんか食いたいな。と思って、ANAカウンターに行ったら、やってません…。

カウンターに誰も居ないのです。羽田や成田から出国するように、2次元バーコードで搭乗券の代わりになる。というような仕組みではなくて、きちんとカウンターで搭乗券を出さないと保安検査と出国検査を受けることが出来ない仕組みとなっています。

JFKのANAカウンターは出発時刻のちょうど3時間前にならないと、OPENしないようです。日本のように、早めに空港行ってラウンジで寛ぐというのは出来ません。なぜなら、搭乗券が出ないので、保安検査を受けて制限エリアの向こうに行けないのです。

しかも、ターミナル7ではお店はすべて、制限エリア内に有るようで、私がターミナルを歩いて見た限りでは、自販機さえも有りませんでした。そういえば、今回の弾丸旅行の最中に、日本のように路上に自動販売機があるというのを観たことがありませんでした。自動販売機があったとしても、ホテルの中とか屋内で見かける感じでしょうか。やはり防犯上の問題で屋外に自動販売機をおけないのでしょうか?屋外に自動販売機があるのは日本くらいのような気がします。また、3時間前のカウンターOPENを待つにも、ベンチもろくにありません。

身体の不自由な人が立ったまま、カウンターOPENを待っているのを見ると、もう少しベンチを増やしても良いのにとも思ったりします。それくらいベンチがありませんでした。

ただ、皆さん、カウンターOPENに合わせて空港に来られる方が多いので、搭乗券の発券にも列が出来ますし、出国審査でのボディチェックに時間が掛かるので、やはり、少々早めに空港に着いておいた方が良いかと思います。

ターミナル7にはスターアライアンス系のラウンジが無く、ライバルであるワン・ワールド系のBRITISH AIRWAYSのラウンジの券が(対象者には)搭乗券と一緒に発券されます。
BAラウンジの入口カウンターに、ANA係員が居るのでその人にラウンジ券を渡して入室です。