読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわ坊の弾丸旅行記

40代の普通の会社員、いわ坊が年休が取れない状況でも、土日・祝日を利用しての弾丸旅行を紹介するブログ

フランス2泊4日弾丸旅行(計画編)

弾丸旅行計画 フランス

さて、アメリカ行きのエコノミー特典航空券を予約して60,000マイル残りました。では、1人20,000マイルで家族3人揃って台湾でも行くかと考えましたが、連休中の特典航空券は争奪戦が凄まじかったです。狙っていたスケジュールは既に満席の嵐・・・近場は参戦者が多いのでしょう。

仕方ない、じゃあ、前からモンサンミッシェルを観たいという夢を持っていたので、フランスへ行ってみましょう。しかし、フランスへ行くには1人60000マイルほどひつようとなりますので、1人で行くしかありませんね(笑)

しかし、管理職のため、例によってカレンダー通りにしか休みが取れない私は土日+祝日を利用した3連休を使って行くしかありません。

普通にANA直行便でパリ(CDG)へ行くとパリ着が16:25‬となってしまい1日目は飛行機の中での移動で現地着で終わってしまい。1日目が大変持った無い無く終わってしまいます。なので、羽田を深夜に出る便を使ってフランクフルト(ドイツ)経由でパリに行くことにしました。

こうすると、金曜は職場から羽田へGO。ANAラウンジで晩飯&シャワーを浴びます。深夜に羽田を出て、翌朝のフランクフルトに到着します。フランクフルトでEU入国審査済なので、朝のパリに着いた後は、入国審査の列に並ぶことなく、フランス到着後8時にはすぐ観光ができます。これで、土曜日の貴重な一日を移動で潰すことがなくなります。(しかしフランクフルトでの乗継ぎが1時間15分で結構厳しい…)

午前中はルーブル美術館などで、モナリザを見るなりパリをぶらぶらして、午後はTGVを使ってレンヌへ向かい、モンサンミシェル行きのバスに乗り換える予定。モンサンミッシェル対岸のホテルで1泊の予定です。

夜明けのモンサンミッシェルを写真に撮ったら、朝一のTGVでパリへ戻ります。午後はパリへ戻って、凱旋門・エッフェル塔などを観て夜まで過ごし、シャルルドゴール空港がある、ロワシー近辺でもう1泊します。本来ならパリで一泊したいところですが、羽田へ向かう帰路便はCDGを9時に出るスケジュールなので、パリで泊まって、もし翌朝寝坊なんてして、空港シャトルを逃しでもしたら・・・となると、帰国できません。

パリあたりは、物価も高く、ホテルも高いですからね。空港近辺の方がホテルも安いので費用を抑えられます。帰りも、またフランクフルト経由で羽田へ戻ります

羽田に着いたら家へは戻らず、その足で職場へ直行です。
2泊4日弾丸フランス世界遺産旅行です。

今回もまともに航空券を買ったら40万円超。ワシントン行きと合わせたら90万円近いです。